海商都市リヴァプール/安いイギリス観光旅行

nav_home nav_about_irc nav_technology_trade nav_euro_funding nav_showcase
nav_success_stories nav_news_and_events nav_links nav_contact

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海商都市リヴァプールは、イングランドの港町リヴァプールの街区を対象とするユネスコの世界遺産リスト登録物件である。この物件は、ピア・ヘッド(Pier Head)、アルバート・ドック(Albert Dock)、ウィリアム・ブラウン・ストリート(William Brown Street)をはじめ[1]、多くのランドマークが含まれるリヴァプール中心市街の6つの区画を対象としている。

ユネスコは2003年1月にこの物件の推薦書の提出を受け、その年の9月には、世界文化遺産評価の諮問機関であるICOMOSに評価を依頼した。ICOMOSは世界遺産センターに対し、登録が妥当との勧告を2004年3月に行った[2]。これを受けてその年の第28回世界遺産委員会では、リヴァプールが大英帝国絶頂期の海洋交易拠点の姿を伝える傑出した例証であることが認められ、世界遺産リスト登録が決定した


FX|投資