交通/安いイギリス観光旅行

nav_home nav_about_irc nav_technology_trade nav_euro_funding nav_showcase
nav_success_stories nav_news_and_events nav_links nav_contact

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
交通

鉄道


ユーロスターが発着するセント・パンクラス駅近代鉄道の発祥の地であり国内には鉄道網が張り巡らされ、ロンドンなどの都市には地下鉄網が整備されているが、1960年代以降は設備の老朽化のために事故が多発し、さらに運行の遅延が常習化するなど問題が多発している。

小規模の民間地方鉄道の運営する地方路線の集まりとして誕生したイギリスの鉄道は、19世紀から20世紀前期にかけて、競合他社の買収などを通じて比較的大規模な少数の会社が残った。1921年にはついにロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道、ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道、グレート・ウェスタン鉄道、サザン鉄道の4大鉄道会社にまとまり、これらは1948年に国有化されてイギリス国有鉄道 (BR) となった。しかし1994〜97年にBRは、旅客輸送・貨物輸送と、線路や駅などの施設を一括管理する部門に分割されて民営化された。

1994年開業したイギリス、フランス両国所有の英仏海峡トンネルは、イングランドのフォークストンからフランスのカレーまで、イギリス海峡の海底130mを長さ50.5kmで走る3本の並行したトンネルからなる。1本は貨物専用で、残り2本は乗客・車・貨物の輸送に使われる。このトンネルを使ってセント・パンクラス駅からはヨーロッパ大陸との間を結ぶユーロスターが運行され、パリやブリュッセル、リールなどのヨーロッパ内の主要都市との間を結んでいる。

航空
ブリティッシュ・エアウェイズで活躍した、超音速輸送機コンコルド。2003年11月26日、ロンドン・ヒースロー空港からブリストルへの最終飛行で飛び立ったところ。民間航空が古くから発達し、特に国際線の拡張は世界に広がる植民地間をつなぐために重要視されてきた。現在は、ブリティッシュ・エアウェイズやヴァージン・アトランティック航空、bmiやイージージェットなどの航空会社がある。中でもブリティッシュ・エアウェイズは、英国海外航空と英国欧州航空の2つの国営会社が合併して設立され、1987年に民営化された世界でも最大規模の航空会社である。1976年にはフランスの航空会社、エール・フランスとともに、コンコルド機を開発して世界初の超音速旅客輸送サービスを開始。しかし、老朽化とコスト高などにより2003年11月26日をもって運航終了となり、コンコルドは空から姿を消した。

主な空港として、ロンドンのヒースロー空港、ガトウィック、スタンステッドのほか、ルートン、マンチェスター、グラスゴー空港などが挙げられる。日本との間には、ブリティッシュ・エアウェイズとヴァージンアトランティック航空、日本航空と全日空がロンドンと成田空港、関西国際空港の間に直行便を運航している。

海運
周囲を海に囲まれている上、世界中に植民地を持っていたことから古くからの海運立国であり、P&Oやキュナードなど多くの海運会社がある。また、歴史上有名な「タイタニック号」や「クイーン・エリザベス2号」、「クイーン・メリー2号」などの著名な客船を運航している。

道路
自動車は左側通行である。また、インド・オーストラリア・ジャマイカなど、旧イギリス植民地の多くが現在でも左側通行を採用している。


安いコンタクトレンズ通販